NHK杯
 

 
7大タイトル
棋聖戦
回数 年度 優勝者
     
1 1953年 島村俊宏
 決勝戦
2 1954年 岩本薫
 決勝戦
3 1955年 橋本宇太郎
 決勝戦
4 1956年 坂田栄男

5 1957年 坂田栄男(2)

6 1958年 坂田栄男(3)

7 1959年 木谷実
 決勝戦
8 1960年 坂田栄男(4)
 決勝戦
9 1961年 坂田栄男(5)

10 1962年 橋本宇太郎(2)

11 1963年 坂田栄男(6)

12 1964年 坂田栄男(7)

13 1965年 高川秀格

14 1966年 橋本昌二

15 1967年 大竹英雄

16 1968年 藤沢秀行

17 1969年 林海峯

18 1970年 大竹英雄(2)

19 1971年 坂田栄男(8)

20 1972年 大竹英雄(3)

21 1973年 林海峯(2)

22 1974年 大竹英雄(4)

23 1975年 坂田栄男(9)

24 1976年 坂田栄男(10)

25 1977年 林海峯(3)

26 1978年 東野弘昭

27 1979年 橋本昌二(2)

28 1980年 藤沢秀行(2)

29 1981年 坂田栄男(11)

30 1982年 趙治勲

31 1983年 本田邦久

32 1984年 橋本昌二(3)

33 1985年 小林光一

34 1986年 石田芳夫

35 1987年 加藤正夫

36 1988年 武宮正樹

37 1989年 石田芳夫(2)

38 1990年 依田紀基
 決勝戦
39 1991年 趙治勲(2)

40 1992年 依田紀基(2)

41 1993年 大竹英雄(5)


坂田 栄寿 1920/2/15
昭和26年:
第1期最高段者トーナメント
☆細川千仭七段を2-0で破り優勝(初タイトル獲得)
第6期本因坊戦で橋本宇太郎本因坊に挑戦(3-4で敗れる)






藤沢 秀行 1925/6/14
昭和23年:
第1期青年棋士選手権優勝
平成4年:
第40期王座戦で小林光一棋聖を3-2で退けタイトル防衛
☆七大タイトル史上最高齢獲得記録更新(当時67歳)












小川 誠子 1951/4/1


<歴代の司会者>