王座戦
 

 

1953年創設。日本経済新聞社主催。トーナメント戦による勝者がタイトル保持者と挑戦手合を行い、優勝者を決める。当初はトーナメント制を採り、第1期は決勝一番勝負、第2-15期は決勝三番勝負。またいち早く5目半コミ出しを取り入れた。第16期より挑戦手合制を導入し、第31期までは三番勝負、第32期以降は五番勝負へと変更された。また2006年から国際戦の基準に合わせ、持ち時間3時間制を導入した。

王座を5連覇、または通算10期以上獲得した棋士は、60歳以降に名誉王座を名乗る権利を得る。名誉王座の資格を持つのは加藤正夫のみ。加藤は第30-37期の8連覇を含め通算11期獲得、「王座戦男」の異名をとった。

前身として1952年に行われた全本因坊全八段戦がある。

 

歴代王座

  1. 1953年 橋本宇太郎 1-0 前田陳爾 1 2 3
  2. 1954年 高川格 2-1 宮下秀洋
  3. 1955年 橋本宇太郎 2-1 島村利博
  4. 1956年 橋本宇太郎 2-0 坂田栄男
  5. 1957年 島村利博 2-0 半田道玄
  6. 1958年 藤沢朋斎 2-0 半田道玄
  7. 1959年 橋本昌二 2-0 山部俊郎
  8. 1960年 半田道玄 2-0 宮下秀洋
  9. 1961年 坂田栄男 2-1 高川格
  10. 1962年 宮下秀洋 2-0 加田克司
  11. 1963年 坂田栄男 2-0 藤沢朋斎
  12. 1964年 坂田栄男 2-0 梶原武雄
  13. 1965年 半田道玄 2-0 大窪一玄
  14. 1966年 坂田栄男 2-1 林海峰
  15. 1967年 藤沢秀行 2-0 橋本昌二
  16. 1968年 藤沢秀行 2-0 坂田栄男 (挑戦手合制に移行)
  17. 1969年 藤沢秀行 2-0 大竹英雄 1 2 3
  18. 1970年 坂田栄男 2-0 藤沢秀行
  19. 1971年 坂田栄男 2-0 橋本昌二
  20. 1972年 坂田栄男 2-1 橋本宇太郎
  21. 1973年 林海峰 2-1 坂田栄男
  22. 1974年 石田芳夫 2-1 林海峰
  23. 1975年 大竹英雄 2-0 石田芳夫
  24. 1976年 趙治勲 2-1 大竹英雄 1 2 3
  25. 1977年 工藤紀夫 2-0 趙治勲 1 2
  26. 1978年 石田芳夫 2-1 工藤紀夫
  27. 1979年 加藤正夫 2-0 石田芳夫
  28. 1980年 加藤正夫 2-0 石田芳夫
  29. 1981年 橋本昌二 2-1 加藤正夫
  30. 1982年 加藤正夫 2-0 橋本昌二 1 2
  31. 1983年 加藤正夫 2-0 大竹英雄
  32. 1984年 加藤正夫 3-0 山城宏 (五番勝負に変更) 1 2 3
  33. 1985年 加藤正夫 3-0 小林光一
  34. 1986年 加藤正夫 3-1 林海峰 1 2 3 4 
  35. 1987年 加藤正夫 3-1 趙治勲
  36. 1988年 加藤正夫 3-0 武宮正樹
  37. 1989年 加藤正夫 3-1 羽根泰正 (加藤8連覇達成)
  38. 1990年 羽根泰正 3-2 加藤正夫
  39. 1991年 藤沢秀行 3-1 羽根泰正
  40. 1992年 藤沢秀行 3-2 小林光一 (藤沢67歳、最高齢タイトル記録)
  41. 1993年 加藤正夫 3-0 藤沢秀行
  42. 1994年 趙治勲 3-2 加藤正夫 1 2 3 4 5
  43. 1995年 王立誠 3-0 趙治勲 1 2 3
  44. 1996年 柳時熏 3-0 王立誠 1 2 3
  45. 1997年 山田規三生 3-1 柳時熏 1 2 3 4
  46. 1998年 王立誠 3-0 山田規三生 1 2 3
  47. 1999年 王立誠 3-1 趙治勲 1 2 3 4
  48. 2000年 王立誠 3-1 趙治勲 1 2 3 4
  49. 2001年 趙治勲 3-0 王立誠 1 2 3
  50. 2002年 王銘琬 3-2 趙治勲 1 2 3
  51. 2003年 張栩 3-1 王銘琬
  52. 2004年 張栩 3-1 山下敬吾
  53. 2005年 張栩 3-0 山下敬吾
  54. 2006年 山下敬吾 3-1 張栩
  55. 2007年 山下敬吾 3-1 今村俊也
  56. 2008年 張栩 3-1 山下敬吾
  57. 2009年 張栩 3-0 山田規三生


 加藤正夫名誉王座


 藤沢秀行


全本因坊全八段戦

1952年に日本経済新聞社の大軒順三の提案により、当時の本因坊経験者関山利一、橋本宇太郎、岩本薫と、八段位雁金準一、鈴木為次郎、瀬越憲作、加藤信、木谷實の8名によるトーナメント戦が行われた。コミは4目半、持時間各10時間。

トーナメントは岩本薫が1回戦で関山、2回戦で瀬越に勝ち、決勝三番勝負で木谷を2-1で破って優勝した。

翌1953年に発展解消して、王座戦が創設された。